疲れている時は昼寝をする

どうしても疲れが取れない時は、休日の30分ほどを利用して昼寝をします。

フローリングやタタミなどに直接ごろ寝するのではなく、なるべく自分の布団に入って、リラックスした状態で寝ると疲れを肌に持ち越さないように思います。

それでも生理前になるとどうしても肌が荒れる事があります。

これはホルモンバランスでそうなるので仕方ないかもしれませんが、そういう時はドラッグストアで売っているような、どこにでもある保湿クリームも併用します。

海外や通販だけで売っているような、高価な化粧品も効果はあるとは思うのですが、適度な睡眠や栄養のある食事が結局は一番肌に良い気がします。

他にも、ストレスを溜め込まない、激しくない程度に運動もする、ジャンクフードはなるべく避ける、夜更かしをしない、まめに洗顔をする、汗をかいたらすぐ洗い流す、乾燥を避ける、汚ない手などで触れない、肌に刺激の強い化粧品を使わない、アルコールやカフェインの摂取量を減らす、子供やペットなどと戯れる、友達と他愛ない話をする、家族水入らずで過ごす、自分だけの趣味の時間を持つなど、個々の資質に合わせたストレスの発散の仕方で、ある程度は肌の色ツヤを保てるのではないかと思います。

日常のお手入れ方法

特段特別なことはしていないように思いますが、気を付けていることを書いていこうと思います。

まず、帰ってきたらなるべくすぐに化粧を落とすようにしています。

自分がクレンジングシートが肌にあわず、荒れてしまうので、手でクレンジングをのばし、落としています。

ごしごししすぎないよう、ゆっくりとやっています。

また、朝は肌をひきしめるためになるべく冷水をつかって洗顔しています。

時々非常につらいですが、こころなしか、肌がはるような感じがするので続けています。

また、洗顔の際は30秒ほどを目安に、専用のスポンジで泡をたててから洗顔しています。

こする、というよりは肌に泡をぬる、という感覚でおこなっています。

なにかの雑誌でこするのはよくないと知ったので、このように行っています。

洗顔後は、化粧水と乳液、リップクリームをつけています。

化粧水と乳液は冷蔵庫に入れ、冷やしています。

何かの番組で、温まると製品が悪くなると知ったからです。

感覚的にも気持ちいいので、おすすめしています。

週に一度気が向いたときはパックをしています。

たいてい韓国製のものです。

ただ、時間を置きすぎると逆に乾燥してしまうので、パッケージに記載されている時間を守っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする