産後の抜け毛が想像以上にすごかったです

子育ての雑誌のなどを見て、産後に薄毛になることは知っていましたが、いざ自分がなってみると本当に恐ろしかったです。

抜けると言っても産後すぐではなく、私の場合は3カ月頃から抜け始めました。

当時、ロングヘアで、部屋に1本でも落ちていようものなら、赤ちゃんが口にしないようにすぐに粘着テープなどで掃除をしていました。

少し髪をかき上げただけでも抜け毛が落ちてきて、掃除用具は常に手元に置いておきました。

酷かったのが入浴の時です。

普段通りに髪を洗うと手にごっそりと抜け毛が絡まってきました。

その光景はほとんどホラーでした。

排水溝の蓋にはごっそりと黒い塊があり、こんなに抜けたんだ…とショックを隠し切れませんでした。

髪が長くて量が多く見えただけかもしれませんが、過敏になってしまい、毎日のように禿げていないか頭皮をチェックしていました。

抜けてはいたものの、生えてくる量も多く、頭には常にアホ毛がたくさんでした。

特に頭頂部が酷く、整髪剤などを使用しても逆立っていました。

ボリュームはないのにアホ毛がたくさんある姿は今までの人生で見たこともないぐらい間抜けなヘアスタイルでした。

その後、思い切って髪を切ったことで、洗髪後の髪の塊の量も少なくなり、安心したことを今でも覚えています。

出産後の抜け毛問題

赤ちゃんを産んだ後、ホルモンバランスの関係などで女性の体や心に色々な変化が起こるというのはよく聞く話で、抜け毛もその一つです。

産後、恐ろしいほど毛が抜けました。

毎日シャワーをすると排水溝がホラー映画のようになっていました。

授乳で体から水分が取られるせいなのか、髪の毛も細くコシが抜けたようになった感じがしました。

もともとは髪の毛の量が多くうねりやハネに悩んでいたほどだったのに、産後は髪の毛が少なくなった感じがし、コシもなくなりボリュームが出なくなりました。

スタイリングしようにも髪の毛がペッタリとしてしまい、会う友達にも「髪の毛がペタペタしてる」とか、「もっと頭部を持ち上げるようにブローしてボリュームを出したらいいんじゃない」なんて言われるほどでした。

が、新生児育児中は自分の見た目に時間をかけている暇もなく、そのままでした。

鏡を見たとき、自分の印象がなんとも貧相になった感じがしました。

髪の毛が少なくハリやコシがなくなることで、貧相感が出るものなのだと思いました。

特に抜け毛ケアなどはせず、産後半年くらいで抜け毛も止まり今は抜け毛も止まりましたが、やはり髪の毛のコシや張りと言うんでしょうか、そう言うのは産後以来なくなってしまったと思います。

髪の毛も歳をとったのでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする